ロールスクリーンとブラインドは何がちがうの?

ロールスクリーンとブラインド、その色々な使いみち

皆さんはカーテンを変える際、ロールスクリーンやブラインドを使用することを考えたことはありますか?どちらもお洒落な見た目で、使用すれば部屋の雰囲気がぐっと変わりそうな商品ですが、実際に購入を考えるとなると、どちらを選べばいいのか迷う方も多いのではないでしょうか。まずロールスクリーンとは、布を棒に巻きつけてチェーンやコードで巻き上げるタイプのカーテンのことをいいます。基本的には開閉どちらの状態でも布地がかさばらず、シンプルな窓際を演出することができます。窓だけではなく部屋の仕切りや目隠しとしても使え、布地の色や柄を好きな物に選べるのが嬉しい点でもあります。次にブラインドとは、一言で表すと窓やドアに取り付ける覆いのことをさします。横型と縦型があり、窓の形によって使い分けられます。ロールスクリーンと同じく、薄いので場所をとりません。光の取り入れの調整がしやすく、開閉も簡単にできます。

デザイン?機能?理想の部屋を作るために

二つの違いはその使い方にあります。ブラインドは羽根を完全に締め切ったり全開にするだけではなく、その向きを調整することで外からの視線を遮ったまま光を取り入れることができます。掃除がしにくいという特徴もありますが、細かく光の量を調整したい場所に向いています。一方ロールスクリーンはどんな形や大きさの窓にも設置が可能で、職場や店舗・住宅などの設置場所に合わせた布地を選ぶことができますし、掃除のしやすさと取り付けの簡単さ、場所を選ばないという点も秀でています。ナチュラルな色味のロールスクリーンを使えばお部屋の雰囲気も和やかになりますし、モダンな色と生地を選べば、インテリア雑誌に載っているようなスタイリッシュなお部屋を演出できますよ。ロールスクリーンのデザインの豊富さ、ブラインドの機能性。目的によって上手に使い分けて、理想の空間を作り上げましょう。

© Copyright Roll Screen Products. All Rights Reserved.