ロールスクリーンの材質はどんなものがあるの?

お部屋の目的に合わせて材質を選ぼう

ロールスクリーンには、色や大きさだけでなく、材質や生地によって様々な特徴があります。取り付けたい部屋に合わせて選ぶと、失敗がありません。
布でできたものが一般的ですが、遮光生地、遮熱生地、防炎生地などの種類があります。寝室には遮光生地を、省エネ効果を期待するなら遮熱生地を、キッチンの近くの窓なら防炎生地を、といったようにどんな場所に取りつけたいかで、選ぶ材質が変わってきます。
お部屋を明るくしたいなら、ボーダー生地になっているものがお勧めです。調光ロールスクリーンといい、目隠しをしながら光を取り入れることができます。リビングなどに使うと、お部屋を明るく保ちながらも、カーテンよりもすっきりとした印象になります。
和室にぴったりな和紙でできたロールスクリーンもあります。

窓に取りつけるだけではもったいない

ロールスクリーンは窓以外にも取り付けることができます。空間の間仕切りや、襖の代わり、目隠しをしたい場所など、大掛かりなリフォームをしなくてもロールスクリーンを取り入れるだけで部屋全体の印象がガラリと変わります。
ロールスクリーンと似た印象があるブラインドですが、こちらもロールスクリーンと同様に様々な材質で作られたものがあります。特徴としては、たくさんの羽根がついており、その角度を調節することで、光の調節を行います。
ロールスクリーンは、スクリーンを巻き上げたり、下したりすることで光の調節を行います。巻き上げきるとスクリーン全てがコンパクトに収まります。普段はオープンにしたいけれど来客時には目隠しをしたい、というときにも便利です。

ブラインドの通販はブラインドの専門店から探してみると良いでしょう。デザインに対しての相場が把握できます。

© Copyright Roll Screen Products. All Rights Reserved.